New Stadium〜松井秀とヤンキー・スタジアム

|

 米大リーグ、ヤンキースの新球場建設起工式が16日、スタインブレナー・オーナー、ブルームバーグ・ニューヨーク市長らが出席して建設予定地で行われた。

 オープンは2009年春の予定。

 新球場は、現在の球場の北側の公園に移転。外観は1923年に建てられた最初のヤンキースタジアムに似せてあり、収容観客数は現球場より少なく5万1000人。周辺整備を含めた総工費は10億ドル(約1160億円)で、うち8億ドルをヤンキースが負担する。

 現球場は大リーグ本拠地で3番目に古く、ベーブ・ルースはじめミッキー・マントル、ジョー・ディマジオらのスーパースターの活躍の舞台でもあった。セリグ・コミッショナーは「ヤンキースタジアムは米国の記念碑だった。新しいヤンキースタジアムで次の世代のファンが新たな思い出をつくってほしい」と述べた。(共同通信特約)

あっとニューヨークのリンク

このブログ記事について

このページは、が2006年8月17日 15:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マイケル・ブルームバーグNY市長 - 自費の145億円を寄付」です。

次のブログ記事は「ヤンキース、ボストン5連戦にて5連勝」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。