電子渡航認証システム(ESTA)の手続き

|
電子渡航認証システム(ESTA)が1月12日から施行

アメリカの入国制度が変わりました。

電子渡航認証システム(ESTA)が1月12日から施行され、アメリカへの渡航には電子渡航認証への登録が必要となりました。この度、はじめてアメリカに入国できなかったお客様がいらっしゃいましたので、皆様におかれましてはくれぐれもご注意いただきたくお知らせいたします。

アメリカに入国できないだけでなく、成田や関空で搭乗を拒否されるケースがあります。


電子渡航認証システム(ESTA)とは

外務省のホームページでは、「観光、短期商用等の90日以内の短期滞在で米国を訪問される場合、事前に電子渡航認証システム(ESTA)に申請を行い認証を受けていないと、米国行きの航空機等への搭乗や米国入国を拒否されます」、と記されています。

JALのホームページでも、「ESTA(電子渡航認証システム)を通じた電子渡航認証を事前に取得していないお客さまは、当日ご搭乗いただけません。空港にお越しになるまでに、電子渡航認証をお済ませください」、ということです。


電子渡航認証システム(ESTA)への登録方法

インターネットから英語で登録するようにとあります。
渡航の72時間前までに申請登録する義務があるとあります。

電子渡航認証の登録申請は、アメリカ国土省のウェブサイトから

詳しい情報はこちらのJALのホームページにあります。
http://www.jal.co.jp/other/info2008_0807.html

あっとニューヨークのリンク

このブログ記事について

このページは、あっとニューヨーク管理人が2009年1月22日 03:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「WBCツアー、およびチケットの販売」です。

次のブログ記事は「WBC観戦ツアーを企画中です(LAにて)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。