久しぶりに現場の仕事に出ました

|
昨日久しぶりに現場に出ましたのでレポートを残しておきます。

konshinkai.jpg今回のお仕事は長崎市の田上市長のニューヨーク訪問のコーディネートとアテンド、それに専用車の配車を行いました。田上市長は、国連本部で開催される核拡散防止条約(NPT)再検討会議にご出席されるために渡米されるご予定。行程の一つに、ニューヨーク在住の長崎出身者とグラウンドゼロで献花を行うご予定がありまして、その部分を同じ長崎出身のご縁でわたしが受け持ちました。お会いした際市長から土橋さんお久しぶり、とお声をお掛けいただき、田上市長とは初めてお会いするものと思っていましたからびっくりしました。実は2000年に前伊藤市長がニューヨークを訪問された時に現市長も随行されており、その際にお会いしていたとのこと。一緒にお食事をしたことなどをお話ししたり、9年も前のことをよく憶えていらっしゃいまして驚きました。人と再会するということが本当に嬉しくまた有難く思えて仕事の有り難味を再確認できた瞬間でした。

※写真:ニューヨークの長崎県人会との食事会。市長:前列の右から3人目。管理人:前列の右端

さて、今回のお仕事は、5月4日にグラウンドゼロの犠牲者に献花をされたいというご希望で、そのコーディネートを承っておりました。最近は現場の仕事をやっておりませんでしたので、ガイド諸氏にいろいろとアドバイスを受けて、前の週に現地のリサーチと下見に行ってきました。現在グラウンドゼロはフリーダムタワーという一大ビジネスセンターの建設のため工事現場となっており中には入れません。また献花をする場所も現在のところちゃんと市により設けられていないということ。どうしようかいろいろと相談しましたが、マンハッタンの最南端にあるバッテリーパークに「The Sphere」という世界平和のモニュメントがあり、そこで献花をするのが相応しいのではないかとのことでした。以前、国会議員のお客様が献花をするのを撮影したいというお仕事で、その場所が大変よかったとガイド氏。下見では、ワールドトレードセンター跡地、市庁舎、バッテリーパーク、一応見てまわりました。グラウンドゼロは工事中のため当然入ることはできず、高台からお見せしないと中が見えませんでしたので、これもガイド氏のアドバイスでチャーチストリートのブルックスブラザーズの前にある階段の上から。車もすぐ脇のストリート側に停めれそうです。ニューヨークでは車を停車する場所がないので、お客様が下車するスポットを下見する際は必ず車を停める場所も確認しなければなりません。そして市長にはニューヨークの役所関連の建物もお見せいたしておきたいと思っておりましたので、市役所ビルと市庁舎付近を下見。近辺の停車できる場所の確認、それとお写真を撮るスポットも確認しておきました。あとはバッテリーパークのモニュメントThe Sphere。このモニュメントは1971年、ワールドトレードセンター設立時にツインタワーの間に置かれた世界平和の象徴です。同時多発テロで崩壊した地中から発見されて、現在はバッテリーパークへ一時的に移設されています。今でもビルが崩壊した際の損傷が痛々しく残っており、当時の記憶がよみがえってきました。この場所は献花を目的としてつくられた場所ではないため、献花台のようなものもなく一つ検討課題が残りました。路面にお花を置くわけにもいきませんので、、、。それで市長のお花はベース付きのものを買うことにし、市民に一輪で献花していただくお花も置く場所がないので、お花を挿して立てるスポンジ状のベースも余分に購入しておくことで代用できると考えました。コースとしては、国連の某ホテル出発⇒FDR(マンハッタン東側のフリーウェイ)を南下⇒ブルックリン橋⇒市庁舎⇒グラウンドゼロにて下車、撮影⇒市庁舎で下車、記念写真⇒バッテリーパーク下車、献花の撮影、インタビュー⇒FDR帰路⇒国連へ。献花の際は、ニューヨーク在住の長崎市民、それとテレビ局、新聞社のメディアが大勢いらっしゃることになっておりましたので、時間配分を間違えないように注意しておきました。下見はこれで終了です。

5月4日当日、午前中に献花のため、市長のベース付きの花、献花にいらっしゃる市民のために一輪の百合の花をたくさんとベースを予約。ドライバーの坂本がオフィス付近まで迎えに来てくれましたので、お花をピックアップしてホテルまでご一行様をお迎えに上がりました。また、広島市からも広島市長が会議のためニューヨークを訪問されており、同じホテルに宿泊されておりました。広島のご一行様の撮影チームは10年来のお付き合いの撮影クルーの方で久しぶりの再開、そして少し歓談しました。こちらも懐かしい再会です。偶然ですが広島の方々にも弊社のバンをご利用いただいておりこれも感謝。長崎市長ご一行様とも国連ホテルのロビーでお会いし、少しの歓談の後出発。予定通りFDR⇒グラウンドゼロ⇒市庁舎とお見せして⇒バッテリーパークにて献花を滞りなく行えました。

追記:
現在、豚インフルエンザが日本では過剰に報道されておりますが、当地では全くといってよいほど問題視されてはおりません。ニューヨークにいらっしゃるお客様も日米の報道格差に驚かれています。各界の要人、VIPの方々もたくさんニューヨークに入っていらっしゃいます。何も問題がないとは決していえませんが、当地では話題にも上がりませんし、気にしている市民がいないこと、一人としてマスクを付けていないという事実にJFK空港を降り立つとお分かりになると思います。アメリカでは2名死亡とのことですが一人の死者もメキシコ帰りの1才のメキシコ人幼児とのこと。はやく日本からの旅行者が戻ってきてくれる日をお待ちいたしております。他の方々が旅行を躊躇している今が旅行のチャンスかもしれません。

あっとニューヨークのリンク

このブログ記事について

このページは、あっとニューヨーク管理人が2009年5月 7日 14:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【重要】豚インフルエンザについて」です。

次のブログ記事は「自由の女神の王冠が再オープン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。