新ヤンキースタジアムツアー・最新レポート

※このブログの最後に、格安でスタジアムを見学できる、超お得情報アリ!

Copy of great_hall_from_NYYSteak.jpg (写真:新ヤンキースタジアム グレートホール)

地下鉄に乗って新ヤンキースタジアムへ

ヤンキースタジアムツアーは地下鉄に乗るところから始まります。
信じられないかもしれませんが、松井選手も以前、
一度だけですが地下鉄でヤンキースタジアムに出勤したことありますし、
若手の選手は今でも毎日のようにファンと一緒に地下鉄で行き来しています。


新ヤンキースタジアムは1923年建築の旧スタジアム同様、
「161ストリート&リバーアベニュー」と言う駅に位置しています。

4番ラインで行く場合、地下鉄が地下から地上に出た直後、
進行方向左手の窓を見ていると旧スタジアムの中が一瞬ですがチラッと垣間見えます。
今では取り壊しを待つ球場ですし、
シートなどもオークションにかけられているため悲しい姿ですが、
数々の名場面、名勝負を生んだ野球の殿堂は
今でも独特の雰囲気をかもし出しています。
(B、Dラインで行くとずっと地下を走ります)


さて、駅を降りると直ぐ、旧スタジアムとピカピカで
目にまぶしい新スタジアムが待ち受けています。
新ヤンキースタジアムは、旧スタジアムと比べると
外見は白を基調としていて荘厳な雰囲気です。
ベーブルースの活躍した初代ヤンキースタジムをモチーフにしています。


【新ヤンキースタジアムツアー 詳細】

スタジアムツアーは約1時間。

新ヤンキースタジアム 1.ヤンキース博物館

stadium_tour 1.jpg stadium_tour 2.jpg
まず、最初に訪れるのがヤンキース博物館。
ここでは松井選手をはじめとする歴代ヤンキース選手のサインボールや、
ヤンキースのワールドシリーズ優勝トロフィー、
歴代ヤンキース選手のユニホームやバット、ロッカールームなどを楽しめます。

新ヤンキースタジアム 2.モニュメントパーク

stadium_tour 3.jpg stadium_tour 4.jpg
次はモニュメントパーク。
ベーブルース、ルーゲーリッグ、ミッキーマントル、 ジョーディマジオ、レジージャクソンなど
歴史に残る大選手を称えた記念碑があります。
変わったところでは「2001・9・11」記念碑があります。
ヤンキースブルペンも扉越しですが覗き見できますのでお忘れなく。

新ヤンキースタジアム 3.ヤンキースベンチ&フィールド

stadium_tour 5.jpg stadium_tour 6.jpg
お待ちかねのヤンキースベンチ(ダグアウト)。
年間シート1年分を購入しても1席何百ドルもする内野席エリアを通ってグランドへ。
そしてヤンキース選手になった気分でベンチに腰掛けたり、フィールドを眺めたり。
スタジアムの座席側を振り返るとスタンドが大きく
選手にどれだけプレッシャーになるかが感じ取れると思います。

新ヤンキースタジアム 4.ロッカールーム

最後はヤンキースのロッカールーム(クラブハウス)。
松井選手のロッカーは部屋の左手、柱の手前。
一番人気のジーター選手は一番奥、2つ分のスペースを使用しています。
旧スタジアムでは見ることの出来なかったバッティング練習場も見ることができます。


あっという間に時間も過ぎて、最後はグレートホールでお土産もらって
ギフトショップでお土産買って、お腹がすいたらハードロックカフェへ。
旧スタジアムもよかったですが、新スタジアムは明るく開放感、清潔感もありお勧めです。


※当日、球場の都合で訪問場所が異なる場合があります


【新ヤンキースタジアムを

 「格安」で見学したい方へ朗報!!】


新ヤンキースタジアム見学に参加できるチケットを限定発売!


参加チケットを受け取り、後は自分で地下鉄で球場現地に集合するだけ。
このチャンスをどうぞお見逃し無く!
(スタジアム見学の説明を行うガイドは英語のみとなります)


   たったの $35 で、スタジアム内を見られる特大チャンス!


  【期間限定】 9月20日、21日、22日


   場所    : 新ヤンキースタジアム
   開始時間 : 13時40分
   所要時間 : 約1時間
   価格    : $35/人 
  
  
 
20日 完売 ・ 21日 残1枚 ・ 22日 有り

     

   ご希望のお日にちと人数をご明記ください。 

   ■ 格安スタジアム見学 お問合せはこちら >>



スタジアムツアーに参加できない人はぜひとも試合観戦を!


ヤンキースタジアム観戦ツアー お申し込みはこちら >>

ヤンキース観戦チケット お申込みはこちら >>




あっとニューヨークのリンク

このブログ記事について

このページは、あっとニューヨーク 川口が2009年7月15日 12:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「独立記念日・花火フォトギャラリー」です。

次のブログ記事は「あっとニューヨーク ファンの皆様へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。